梅雨の季節、傘を持っても手が空くリュックでお出かけ

6月といえば梅雨の季節。雨の日は濡れたり汚れるのを気にして自由におしゃれを楽しめないし、傘を差して、バッグを持って、子供と手を繋いで…両手がふさがっちゃうし、手が足りない!お財布を出したりするのも一苦労…。しかし、雨の日こそ手が空くリュックサックはいかがでしょうか?今回はバリエーション豊かに使え、トートバックにもなる2WAYリュックサックの作り方を紹介します。


2WAY


デザインはシンプルに、機能的なトートバッグとリュックの2way仕様にしました。普段使いにもおすすめです。

2WAYリュックサックの作り方はこちら

用意するもの
お好きな生地/ファスナー2本/かばんヒモ/角カン

1_生地をカットします。(詳しいカットサイズはDIYサイトにて公開しています。)
2_ポケットを作ります。
3_ポケットとポケットのふたを縫い付けます。
4_ファスナーにそって生地を縫い合わせます。
5_パーツを裏面生地に仮縫いしておきます。
6_生地端すべてに端ミシンをかけます。
7_裏面生地も縫い合わせ、完成です!
(詳しい作り方はDIYサイトにて公開しています。)

楽しくおでかけ

両手が開くので、傘をさしやすい。お買い物をしても、リュックサックだと荷物が持ちやすいですよね!子供たちも、雨の日は足元が滑りやすく転びやすいものですが、リュックサックならこけた時にも両手を地面について受け身ができるのでオススメですよ。 雨の日は両手があくリュックサックでお出かけしませんか?


今回使った生地をピックアップ


 

本体価格: 820yen
生地巾: 約114cm
素材: コットン100%
カラー: ネイビー/ワインレッド/ミントグレー