夏祭りの季節、みんなでお祭りに行こう!

7月といえばそろそろお祭りの季節ですよね。浴衣、花火、金魚すくい、トウモロコシ…「夏祭り」と聞くだけでわくわくしてきませんか?そんなお祭りに子供と一緒に行きたいですよね!!お祭りに家族揃っていくのは夏の楽しみの一つです。でも子供用の好みの柄やサイズの合う甚平や浴衣が見つからない…そんなときは自分でベビー甚平を作っちゃいましょう!!


ベビー甚平


古典柄、花柄、ドット、モチーフ生地…どんな柄で作ってもかわいいベビー甚平。是非お気に入りの生地で作りましょう!!しかし夏でとても暑いので、暑がりの赤ちゃんには吸水性がたかく、通気性のいい生地を選んでくださいね。

用意するもの
お好きな生地/ゴムひも/ハサミ


生地を型取り、切り抜きます。

本体生地の後ろ部分を縫い合わせます。

肩上げをぬいましょう。

ヒモを作り、それぞれの位置に仮止めしておきます。

袖生地を処理し、縫い付け、袖部分を三つ折り処理します。
6
襟部分を仕上げ、身頃に縫い付け、上部分は完成です!
7
パンツを作って行きます、それぞれの部分を縫い合わせ、端処理をします。
8
最期にゴムを通してパンツも完成しました。

ベビー甚平の詳しい作り方は こちらをご覧下さい。

お揃いの巾着袋も。

おそろいの浴衣をつくって子供とお揃いで夏祭りにいくのもとっても素敵ですよね♪ でも浴衣作りは難しいし大変…そんなときは、余った生地でお揃いの巾着袋をつくってみません か?小さなお揃いも出来るし、巾着袋は少しの荷物入れに便利なので普段使いも出来ますよ!

巾着の作り方


今回使った生地をピックアップ


 

本体価格: 800yen
生地巾: 約114cm
素材: コットン100%
カラー: ネイビー