• ホーム
  •  > 特集一覧
  •  > お家のなかでも外でもあたたかく、あたたかおくるみ

お家のなかでも外でもあたたかく

赤ちゃんを優しく包む「おくるみ」。おくるみは、産まれたての赤ちゃんのふにゃふにゃした体を抱っこしやすくするだけでなく、お出掛けのお供に最適です。抱っこはもちろん、授乳時や外出先で肌寒い時などなど。あるとなにかと便利なアイテムです。また、赤ちゃんをすっぽりと包んでくれるアイテム。包まれることで赤ちゃんが安心する効果もあるそうです。同じ生地を使ってお洋服やベビーシューズ、スタイとお揃いにしたらとってもかわいいですよね!


あたたかおくるみ


□ Wガーゼでお肌にやさしく

赤ちゃんを優しく包むおくるみ。肌に触れるものだからこそ、肌触りや素材にもこだわりたい。今回はお肌に触れる内側がWガーゼになっているおくるみを作りました。厚めのWガーゼ生地を使っているので冬でもぽかぽか温かい。もちろん、表もコットン100%ですのでお肌に優しいです。

(1)用意するもの
本体生地90cm×90cm2枚、フード生地60cm×60cm、はさみ

(2)生地をカットし、まずはフードになる布を三角形に折りたたみます。

(3)おくるみ本体の布を中表に合わせて、その間にフードを挟み込みます。布のしわを伸ばして、きれいに重ねます。2枚の布がずれないように、まち針を打ちましょう。くま耳を付けたい方はこちらで挟んでおきます。

(4)おくるみを縫っていきます!ぬいしろを1センチ程とって、ひたすらまっすぐ縫い進めます。 返し口は縫わずに7~10cm程残しておきましょう。

(5)ぬいしろの角はハサミで切り落とします。こうすることで、表に返したときにゴロゴロしないんですよ。そして返し口から引っくり返します。

(6)まつり縫いで返し口を閉じます。そして完成!とっても簡単です。


□ いろいろな使い道

くるりんと包んだり、フローリングに敷いたり、お散歩に持っていったり、いつでも側に置いておきたくなる、シンプルな一枚です。かさばらないから小さく折り畳めば鞄の中にもすっぽり入るのでいつでもサッと持ち歩く事が出来ます。

□ 足付きも便利でかわいい

足付きのアフガンは、足首が露出する心配がなく、ベビーカーやチャイルドシートに乗せるときに便利です。ちょっとお出掛けしたい時にも使えて良いですね。ママの膝掛けとしても利用しても。末長く愛用できるおくるみです。

この冬「おくるみ」を手作りしてみませんか?


今回使った生地をピックアップ


 

本体価格: 480yen
生地巾: 約110cm
素材: コットン100%
カラー: ネイビー